お問い合せはTEL.093-951-1113(北九州市小倉南区上葛原2丁目17-16) 当院は、目の病気の治療・手術から視力回復まで、あらゆる眼の悩みに対応出来ます。
  • さかもとひでひさ眼科
  • さかもとひでひさ眼科 
    北九州市小倉南区上葛原2丁目17-16
  • 目の病気と治療
  • 火・木の午後は、手術のため、副院長の診察となります。
  • メガネ・コンタクトレンズ処方は予約制となっております。
    (火曜終日・木曜午後のみ・土曜午前のみ)
    詳しくはこちら
  • 目の病気と治療
  • 白内障緑内障を追加しています。
  • 多焦点眼内レンズ
  • 白内障手術で使用する眼内レンズで、遠近両用タイプが登場。
  • フェイキックIOL
  • 眼内に矯正用のレンズを挿入する視力回復手術です。角膜が薄く、レーシック手術が困難な方にも適応可能です。

フェイキックIOL

現在、近視や遠視、乱視に対する屈折矯正手術は、エキシマレーザーで角膜を削り角膜の形を矯正する『レーシック手術』が主流となっています。(当院ではレーシック手術は行っておりません。)しかし、角膜の厚みや形、近視の程度に問題があり、レーシック手術が出来ない方がいます。
そうした方を対象にした屈折矯正手術として、目の中に人工のレンズ(フェイキックIOL)を挿入するという治療方法があります。
手術の方法は、白内障手術と似ていますが、もともと目の中にあるレンズ(水晶体)を残したまま人工のレンズを挿入します。手術時間は20分程度で、目薬による麻酔で行います。

メリット・デメリット

メリット

レーシックと異なり、角膜を削るわけではないので、レンズを取り出すことで元の状態に戻すことが可能です。

レーシックでは治療出来ない強い近視や、角膜の厚みや形に問題のある場合でも、治療が可能です。

デメリット

両眼同時には手術できません。

手術費用が高額(保険外診療)となります。

乱視の矯正に限度があります。

レーシックに比べて術後の視力回復には時間がかかります。(通常安定するまでに1ヶ月程度)

暗い所でまぶしい光を見ると、光の輪が見えたり(ハロー)、光がにじんで見えたり(グレア)することがあります。この症状は時間とともに軽くなります。

費用および手術の対象となる方

費用

片眼60万~70万円(税別)

※上記の費用には、手術前の検査、手術代、レンズ代・薬代および術後の定期検査(1年間)代が含まれます。

※レンズの種類により費用が異なります。

※レンズは特注品となるため、注文してから到着するまで1ヶ月~3ヶ月程度かかります。

対象となる方

20歳以上40歳未満

他に目の病気のない方

その他手術前の検査によって目の状態に問題のない方

  • メガネ・コンタクト処方
  • 多焦点眼内レンズ
  • フェイキックIOL